格闘技、音楽、読書、漫画のこと、映画鑑賞、等など個人的な趣味についてのことをいろいろ書いていきます。とりあえず読んだってください。


プロフィール

ストランド

Author:ストランド
ストランドの紹介

生年月日:1985年生まれ(生年まで;笑)

職業:某スポーツの指導員

趣味:武道と格闘技、格闘技観戦、音楽鑑賞(特にロックやパンク系)、読書、漫画を読む、映画鑑賞、その他

あとはブログにて見ていってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア

FX比較サイト
商品先物
中古車一括買取査定の比較
自動車保険の比較
バイク保険の比較



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



質問 映画(劇場だけじゃなくビデオやテレビも)はどれくらいの頻度で観ますか?
毎日
週4~6回
週2、3回
週1回
月2、3回
月1回
ほとんど観ない
まったく観たことない(笑)

コメント



- アクセス解析 -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


強盗
最近、度々強盗や窃盗のニュースを耳にする。

殺人事件やいろいろな事件が多いのも周知の事実だ。

こうなると日本も安全な国ではなくなってきたと思う。

犯罪者が増える原因は、不況と道徳心の欠如によるものだと思う。もっと言えば社会システムそのものに問題があるかもしれない。

こうなれば、常々このblogで書いてるように、有識のある大人が子供たちへの道徳心を教える正しい教育、地域パトロールや清掃活動などによる犯罪が起こり難い環境作り、政治や経済・社会システムの整備などを考える事が急務だ。

自分は身近で教えている子供たちに少しでも善良な道徳心を持って貰うことを教育の柱として指導している。スポーツ・勉強、何を教えるにしても、同時に必ず礼儀礼節や道徳心は教えるべきだと感じている。腐った大人が子供を腐らせる。これらの欠如が今日の事態を招いているからだ。


また、矛盾するようだが、犯罪者に対峙したとき、あちらが殺意を持っているなら、こちらも殺意を持って対峙すべきだと思う。そうでないと強い殺意を持つ者に対して、気迫が飲み込まれてしまうからだ。しかし決して冷静さを欠いてはいけない。難しい表現だし、これらの実践は訓練や経験を重ねないとなかなか難しいが、意識としては持っておくべきだと思う。いろいろ具体的な護身術は考えられるが、やはり訓練や経験が必要だし、自身がないならあまり危険に近寄らない正しい生活をすべきだと思う。また、危険を近寄らせないような気配りも大切だと思う。

二つの方向性から今日の犯罪社会に対する対策の提案を書いたが、どんな有効な方法であっても完璧という物はないと思う。だが、減少させることは出来るし、防ぐ可能性を高める事も出来る。何もしなければそれまでだが、一人でも多くの人が礼儀礼節や道徳心の大切さを認識し、出来る事から取り組む事が護身にも繋がり、世の中を善くすることにも繋がると思う。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。