格闘技、音楽、読書、漫画のこと、映画鑑賞、等など個人的な趣味についてのことをいろいろ書いていきます。とりあえず読んだってください。


プロフィール

ストランド

Author:ストランド
ストランドの紹介

生年月日:1985年生まれ(生年まで;笑)

職業:某スポーツの指導員

趣味:武道と格闘技、格闘技観戦、音楽鑑賞(特にロックやパンク系)、読書、漫画を読む、映画鑑賞、その他

あとはブログにて見ていってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア

FX比較サイト
商品先物
中古車一括買取査定の比較
自動車保険の比較
バイク保険の比較



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



質問 映画(劇場だけじゃなくビデオやテレビも)はどれくらいの頻度で観ますか?
毎日
週4~6回
週2、3回
週1回
月2、3回
月1回
ほとんど観ない
まったく観たことない(笑)

コメント



- アクセス解析 -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


最近の格闘技界
最近の格闘技界の流れとして、一時期は総合格闘技が流行りましたが、最近は熱がピークを過ぎ、いろんな趣旨やル-ルの団体が増えたものの興行としての規模は微妙でマニアック化したと言えますね。老舗の修斗やパンクラスですら今は一般的にはマニアックだと言えますもんね。ただ、いろんな団体が増え、選手もファンも選べるのと、アマからプロ、日本タイトルや世界タイトル等がしっかりしてきてるところが増え、団体間の交流が多いのもいいところではあります。キック界もK-1の影響もあって、グロ-ブ空手も伸びていて、やる側もぼちぼち悪くないようで、こちらもプロやアマ、タイトル等もしっかりしていてやりやすいようですね。団体の垣根を越えた大会もあって交流もあります。最も組織が安定したプロ格闘技といえるボクシングも、一時期亀田一家に壊されかけましたが、また地上波放送も増えてよかったです。大相撲もピンチを迎えたものの無事平行線へ戻りつつありますし、アマですがメジャー競技の柔道や剣道、レスリング、空手等も一時期ほどではないでしょうが悪くはないでしょう。また、武道武術格闘技団体としては、マイナー新興団体?も増え、やる人
の幅
も広がったと思います。競技を観る側だけでなく、やる側として、プロに行きたい人も生涯武道として護身術や心や身体を磨きたい人も選択肢に幅が出来たと言えます。いずれにしても強さを磨くことにはかわりはないので、やる側も充実して欲しいですね。また、観る側としても興行として、競技として盛り上がりを見せて欲しいですね。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。