格闘技、音楽、読書、漫画のこと、映画鑑賞、等など個人的な趣味についてのことをいろいろ書いていきます。とりあえず読んだってください。


プロフィール

ストランド

Author:ストランド
ストランドの紹介

生年月日:1985年生まれ(生年まで;笑)

職業:某スポーツの指導員

趣味:武道と格闘技、格闘技観戦、音楽鑑賞(特にロックやパンク系)、読書、漫画を読む、映画鑑賞、その他

あとはブログにて見ていってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア

FX比較サイト
商品先物
中古車一括買取査定の比較
自動車保険の比較
バイク保険の比較



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



質問 映画(劇場だけじゃなくビデオやテレビも)はどれくらいの頻度で観ますか?
毎日
週4~6回
週2、3回
週1回
月2、3回
月1回
ほとんど観ない
まったく観たことない(笑)

コメント



- アクセス解析 -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この時期になると…
春夏秋の昆虫が生き絶え、動物たちも冬眠に入るものも出てくるような、寒いこの時期になると、いつも「生」とはなにか?すなわち生きるとは何か考える。

宇宙の話のように果てがなく、意味もない哲学かもしれないが、寒さゆえに無意識な孤独感や空虚感がそうさせるのかもしれない。

だが、宇宙は全て同じ元素で出来ていることを感じればそんな寂しい感覚は無意味で、むしろなんとなく宇宙全てと一体感こそ感じる。

人間以外の生物は生きるということに何を感じているのか? 人間は生きるということに意味を見出だそうとするが、本来生物はあるがままに生きているのでは?? なにかで生きることに意味など必要ないというセリフも聞いたことがあるが、正にそうなのかもしれない。

深く考え過ぎるあまり、不思議な孤独感や空虚感を感じるなら、あるがままに生きていけばいい。その先になにか天命があるならば、そこへ向かって進めば自ずとそれが充実感に溢れた「生」というものへと繋がるだろうと思う。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。