格闘技、音楽、読書、漫画のこと、映画鑑賞、等など個人的な趣味についてのことをいろいろ書いていきます。とりあえず読んだってください。


プロフィール

ストランド

Author:ストランド
ストランドの紹介

生年月日:1985年生まれ(生年まで;笑)

職業:某スポーツの指導員

趣味:武道と格闘技、格闘技観戦、音楽鑑賞(特にロックやパンク系)、読書、漫画を読む、映画鑑賞、その他

あとはブログにて見ていってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア

FX比較サイト
商品先物
中古車一括買取査定の比較
自動車保険の比較
バイク保険の比較



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



質問 映画(劇場だけじゃなくビデオやテレビも)はどれくらいの頻度で観ますか?
毎日
週4~6回
週2、3回
週1回
月2、3回
月1回
ほとんど観ない
まったく観たことない(笑)

コメント



- アクセス解析 -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


思想の違い
最近、身を持って思想の違いによる争いや問題を感じる。俗に言うイデオロギー問題にも発展できる。世の中にはいろんな考え方の人がいて、年代や環境や職種などでも違いがあり、国や文化でも違いがある。職業がら正しい道、正しい行いということをよく考えるが、同じ日本ですらこの考え方に違いがあり、難しい。人それぞれ「正しい」が違う。同じか近い考え方の者は勝手に集まるが、国交、政治に始まり、異文化交流、仕事、その他など人同士交わらなければやっていけないのが世の中。基本的には、礼儀(マナ-)、思いやり、おおらかさがあればある程度考え方が違えどその場はやっていけると思うが、それが出来る人や良しとする人ばかりではない。人の考え方をけなし少しのミス(穴)に付け入り、決して交わろうとしない者もいる。こうなれば、思想の違う二つのレ-ルが交わることはない。こういった者は確かに一つの正論を言っている場合もあるが、こういった世界や世の中で「正しい」が違い過ぎる中では、うまくやるという点では相手の考え方を尊重することも必要だと思う。戦争レベルから身近な職場レベルまで、全て思想の違いが争いや分裂、疎遠の原因だ。これは
永遠の課題であり、世の中でも言われてることだが、「正しい」が分からない世の中だからこそ、人を思いやる心掛け、許容範囲を広げて見られるおおらかさ、ここから自ずと真実が見えてくる気がする。これができれば、礼儀の出来ない者は出来るように近づき、出来る者も出来ない者におおらかに教えることができる。まあ相当な理想論ですが…。人の思想の違いの難しさを思い知っていた今日この頃です…。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。