格闘技、音楽、読書、漫画のこと、映画鑑賞、等など個人的な趣味についてのことをいろいろ書いていきます。とりあえず読んだってください。


プロフィール

ストランド

Author:ストランド
ストランドの紹介

生年月日:1985年生まれ(生年まで;笑)

職業:某スポーツの指導員

趣味:武道と格闘技、格闘技観戦、音楽鑑賞(特にロックやパンク系)、読書、漫画を読む、映画鑑賞、その他

あとはブログにて見ていってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア

FX比較サイト
商品先物
中古車一括買取査定の比較
自動車保険の比較
バイク保険の比較



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



質問 映画(劇場だけじゃなくビデオやテレビも)はどれくらいの頻度で観ますか?
毎日
週4~6回
週2、3回
週1回
月2、3回
月1回
ほとんど観ない
まったく観たことない(笑)

コメント



- アクセス解析 -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


格闘技ネタ
ボクシングでは日本人の世界戦が続きそうだ。

◇3月
●27日 後楽園ホール
 「WBC世界Sフライ級タイトルマッチ」
王者・スリヤン・ソールンビサイ(タイ)-同級3位・佐藤洋太(協栄)

◇4月
●4日 横浜アリーナ
「WBA世界バンタム級タイトルマッチ」
王者・亀田興毅(亀田)-同級12位・ノルディー・マナカネ(インドネシア)
「WBA世界Sフライ級王座統一戦」
王者・テーパリット・ゴーキャットジム(タイ)-休養王者・清水智信(金子)

●6日 東京国際フォーラム・ホールA
 「WBC世界Sフェザー級タイトルマッチ」
王者・粟生隆寛(帝拳)-同級1位・ターサク・ジャンデーン(タイ)
 「WBC世界バンタム級タイトルマッチ」
王者・山中慎介(帝拳)-元2階級王者・ビック・ダルチニャン(オーストラリア)
「10回戦」
前WBC世界フェザー級王者・長谷川穂積(真正)-ファン・カルロス・フェリックス(メキシコ)

実際に期待しているのは、粟生、山中、長谷川の試合だ。

井岡VS八重樫の統一戦や西岡VSドネアも話題だし楽しみだ。

で、プロレスリングノアの小橋選手がまた大きな怪我をしたらしい。

三沢さんの件でもそうだが、面白い試合を見せてくれるレスラーほど命を削るという世界だから皮肉なものだ。

プロレスは確かにショーには違いないが、彼らは確かに感動を与えてくれている。

でも身体には気をつけて欲しいですね。


また、大相撲が有り得ない巨額の借金があるみたいだ。

正直、昔ほど相撲は人気ないし、競技人口も明らかに減っているだろう。

外部の人間がいうのもなんだが、一旦規模を縮小するか経営コンサルタントを呼ぶ等して対策を練る事が必要だろう。

かといって外せない伝統芸能でもあるし難しくはあるが。

でも相撲を志す若者にとって夢を抱ける場にしていって欲しいと願う。


最後に、UFCが日本で開催される。

いよいよだが、日本人の著名選手が揃い踏みで一見の価値ありの試合には違いない。

ただ、今の日本で継続して開催して利益をあげるのは困難だと思う。

今はどこの業界でもそうだが、縮小させてでも中身を充実させる時期だと考えている。

勿論、新しい部分を開拓や導入する事も大切だろう。

先日の日記に、数ある国内団体の中で、DEEPやkrush、シュートボクシング辺りが魅力的だと書いたが、Kー1やPRIDE、SRC(戦極)ほどの規模は無くとも魅力的なのは、やっぱり選手の質や面白いカード、雰囲気などにあると思う。

また、DREAMはイノキのイベント内でやったが、ニコ動の導入はこれからの時代にマッチしてると思った。

世間自体が不況でなかなか格闘技界も苦しいだろうが、中小団体でもいいので中身を充実させて乗り越えて欲しい。
スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。