格闘技、音楽、読書、漫画のこと、映画鑑賞、等など個人的な趣味についてのことをいろいろ書いていきます。とりあえず読んだってください。


プロフィール

ストランド

Author:ストランド
ストランドの紹介

生年月日:1985年生まれ(生年まで;笑)

職業:某スポーツの指導員

趣味:武道と格闘技、格闘技観戦、音楽鑑賞(特にロックやパンク系)、読書、漫画を読む、映画鑑賞、その他

あとはブログにて見ていってください。



最近の記事



最近のコメント



最近のトラックバック



月別アーカイブ



カテゴリー



FC2カウンター



フリーエリア

FX比較サイト
商品先物
中古車一括買取査定の比較
自動車保険の比較
バイク保険の比較



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



ブログ内検索



RSSフィード



リンク

このブログをリンクに追加する



質問 映画(劇場だけじゃなくビデオやテレビも)はどれくらいの頻度で観ますか?
毎日
週4~6回
週2、3回
週1回
月2、3回
月1回
ほとんど観ない
まったく観たことない(笑)

コメント



- アクセス解析 -



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


格闘技ネタ
最近の格闘技で気になった事を書きます。

まず、大相撲は把瑠都が優勝しましたね。

今回は運もあり、久々に白鵬以外が優勝して良かったです。

まあ最近あまり観てませんがww

ボクシングは、4月に長谷川の再起戦、粟生や山中の防衛戦も決まりましたね。

長谷川は今回こそはキッチリと試合を熟して復帰を飾って欲しいですね。

山中はこの試合で今後が左右されるでしょうし、粟生は良い王者になったのでしっかり勝ちをおさめて欲しいですね。

八重樫と井岡の統一戦も4月くらいで決まりそうですし、楽しみな試合です。


パンクラスで近藤が新鋭に負けましたが、相手選手忘れましたww

でも新世代に期待したいですね。

佐藤のISKAタイトルマッチでしたか、これも気になります。

バダハリもイッツショータイムで引退試合でグーカンサキに圧勝だった様で勿体ない。

京太郎と同じくボクサーになりたいそうです。

ヘビー級はカラケスがダニエルギタにやぶれたらしいです。

とにかく今年も格闘技ニュース追ってみます。
スポンサーサイト

マイナー
ご無沙汰してます☆☆

いかがおすごしでしょうか?


さて、最近の格闘技についてですが、格闘技も最高の興行だったPRIDEが崩壊し、後継ぎになろうとした戦極も自然消滅し、言わずと知れたKー1がほぼ崩壊、DREAMも興行を打てずにいます;;

つまり、格闘技をお茶の間のメジャーなスポーツに仕立て上げた団体が全て崩壊したと言えるでしょう;;

結果、格闘技はまたマイナースポーツになってしまったともいえますね;;

今、逆に海外ではブームのところも多いですが、やはりブームがあれば衰退もあるということでしょう☆☆

今は格闘技界にとって苦しい時期ではありますが、楽しいと思える興行をやって、良い選手を育成して頑張って欲しいですね☆☆

選手にしても、いくらか良い選手はいるので、決してレベルが落ちてる訳でもないと思いますので☆☆

また中小団体の興行でも面白い試合があれば取り上げたいと思います☆☆

そのつづき
ビビアーノVSアントニオ…これがDREAMバンタム級Tの決勝戦。ビビアーノの圧勝でしたね!今大会では寝技師ビビアーノが打撃で勝つのも目立ちましたね。

苦しいDREAMでゲガールムサシやマリウスザロムスキーら有望な外人も離れてしまったので、ビビアーノは契約が切れるしどうなるのかな? DREAMの今後が心配です。

PRIDEが崩壊し、Kー1はもうほぼ終わりだし、SRCも自然消滅したし、DREAMだけでもMMAの目標の場として残って欲しいすね。

高谷VSリオン武…DREAMフェザー級タイトルマッチ…リオンがこつこつとストレートを当てるも、高谷が終始ペースを握り判定勝ち。

リオンの姿勢が終始一貫して離れてストレートパンチだけで、イマイチ盛り上がりには欠けましたね。

とりあえず防衛おめでとうございます。

IGFルールの試合は中途半端で魅力を感じない。

MMA風プロレスといった感じで、これを観るならMMAを観た方がいい。

ちなみに、プロレスはドラゲーみたいな若者も楽しく観られる感じにするか、ノアみたいな渋いプロレス見せるか、大阪プロレスみたいな地域密着型にするかが一番だと思います。

確かに猪木の魅力はスゴイけど、イマイチこのプロレスの展望が見えてこない。

これをガチと思って観てる人はいるのかな?

ラストは、自演乙VS菊野のミックスルール…これは面白かった!コスプレで変人丸出しの面白い入場の自演乙に対して、武道家の渋さを醸し出す菊野。

OFGKー1ルールで若干菊野に有利になるとはいえ、日本王者の自演乙に対していつもの菊野スタイルで追い込み、ダウンを奪ったのはスゴイ。

後で自演乙にダウンを奪い返されるも、ペースは菊野だったと思います。

2Rになると菊野の土俵なんで自演乙はやられましたね。

でも1Rでボクシンググローブでなく、OFGだったというのも、菊野に有利に働いたと思います。

試合後、菊野は立ち技の試合参戦を聞かれてましたがMMAしかやらないと言い切る姿勢は素晴らしいですね。

対照的に、自演乙は一年間プロレスをやっていたのも敗因だと思います。

長い人生経験で言えばいろいろとやるのはいいですが、やはり分散しますし、菊野選手の様に一貫してるのが一番でしょうね。

自演乙は拳月戦でも感じましたが、日本王者になった時と比べて明らかに基本が乱れてKー1ファイターとしては弱くなってると思いました。

今回はそれがハッキリと出ましたね。

いずれにせよこのルールだと菊野が勝ってたでしょうが。

青木も普通に考えたら勝てたはずですが、少し見下して調子に乗りすぎた感がありますねからね。

自演乙は、今年はMMA進出を狙ってるみたいですが、やるならプロレスは撤退して、MMAに集中すべきでしょうね。

稀にジョシュや金泰泳みたいに二つ以上のルールを両立出来る選手もいますが、彼はそこまで器用ではないと感じますしね。

何はともあれ菊野が立ち技系とやるのを見れたのは面白かったです。


最後に総評ですが、全体的には面白かったです。

MMAの試合やIGFの試合は視聴率を考えたらテレビ向きではない気はしましたが、立ち技はテレビでも通用しそうな試合でしたし、女子格も良かったです。

いくつかのルールがある興行はなかなかいい。

年に一度の格闘技の祭典としてこういう興行を残していって欲しいですね。

ちなみに、ベストバウトは、久保の試合ですね。教科書みたいな立ち技が観られて楽しかったです。

まあでも、ほんと全体的にまあいい感じだったと思います。

次は、もっと格闘技のお祭りみたいな感じにして貰いたいですね。

契約問題もあるし、なかなか難しいですが、プロレスシングルマッチ、タッグマッチ、女子MMA、女子立ち技、立ち技軽量級、中量級、重量級を一試合づつ、MMAルールを数試合でいって、猪木のネタは入れるといいですね。

まあ猪木を絡めるとIGFを沢山入れないといけなくなるやろし、そうはいかないでしょうがね。

とにかく次はどんなイベントが待ってるのか、今年の展望を期待したいすね。

年末格闘技レビュー
昨日の続きです。

井岡の防衛戦は、あれっと思ったらもう終わってたのが印象ww

お陰で対戦相手の名前すら忘れたww

次はもう少し強い相手と組んで欲しい。

それにしてもTBSという局はほんまあかん作りや盛り上げ方するなと思う。

格闘技はTBSに任してたらロクなのが出来ないと感じました。

一方、細野の試合はなかなか頑張っていましたが、相手もクリンチが上手く、長身の弱点であるショートレンジを克服してましたね!

カバジェロ?は独特のリズムや打ち方をする選手でしたね。

「細野待ってろ」の歌は爆笑しましたww

内山VSホルヘソリスは好勝負でした。玄人が観ても素人が観ても納得の試合やったと思います。内山の左はますます凄まじくなってきましたね。


一方、「元気ですか」に戻ります。

青木VS北岡…DREAMライト級タイトルマッチでしたが、タイトルマッチに相応しいハイレベルな組技の攻防が観られました。

全体的にほぼ青木が優勢に進めましたが、北岡のディフェンス技術とガッツは凄かったです。

青木の寝技のレベルは日本のMMAでは最高レベルでしょうね。

両者あの打撃のしょぼさは驚きですが、その分組技に特化して素晴らしいレベルの高い攻防が観られました。

ただ、MMAの中でも特に彼らの様なタイプはテレビ向きではないのは頷けました。

玄人好み過ぎるというか、裸の男の取っ組み合いは見映えがいいとは言い難いですし、もし彼らを大衆向けに売り出すなら、亀田じゃないですが弱い相手ばかり組んで一方的な一本勝ちばかり見せなければならなくなるでしょう。

少ししか格闘技に興味のない大衆とはそういうものでしょう。

ただ、そうすると低俗な格闘技になってしまいますし、青木VS北岡の様な素晴らしい組技、寝技の攻防は観られないでしょう。

そういう意味で、今後のMMA界は難しいですが、地上波テレビでは見映えの良い試合を放送したり、彼らのドキュメントなどをもっと流したり、更にキチンと観たい人が見れる今回の様にネット市場を開拓するなどテレビだけにたよりっぱなしにならない様に工夫していくしかないでしょうね。

有料放送は勘弁して欲しいですねw

ヒョードルVS石井…近年の皇帝の不調具合と石井の塩試合やけど試合を優勢に進める技術を考えると、泥試合を予想してましたが、皇帝にそんな心配はいらなかった様です。

一方的に皇帝の余裕すら見えるKO勝ちで、石井はグラウンドにすらいけませんでしたね。

皇帝はなんだかんだでミルコと打撃でも怯まなかった男ですからね。

日本の格闘技全盛期を引っ張ったPRIDE!

その顔とも言えるヒョードルが引退前に日本で試合をしてくれて良かったです!

ありがとうヒョードル!!

引退までやってもあと数試合でしょうが勇姿を見せて欲しいですね。

つづきはまた書きます。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。